ホーム » 乱れがちの生活サイクル

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

乱れがちの生活サイクル

介護士の仕事は時間が不規則になりやすいため、どうしても生活サイクルが乱れがちです。なおかつ、施設利用者の介助作業は万が一の事故も起きてはいけないので常に注意する必要があることから、精神的な疲労が溜まりやすい問題もあります。特に、入所型の施設では慢性的な人手不足も手伝い、過重労働に陥りがちです。

心身の疲弊は仕事に悪影響を及ぼすほどの重大な悩みですが、事態を即座に改善出来る方法が無いのが大きな問題と言えるでしょう。職場環境によっては一人で多くの悩みを抱えてしまう事態に至ってしまう危険もあるので、早急な解決が不可欠です。

自身の体調から来る悩みは生活サイクルを安定させることを意識するのが解決の糸口になります。介護士の仕事は常に周りに気を配ることから心身共に疲れやすい傾向があります。そのため、出来るだけ自身の体に負担をかけないように心がけましょう。

例えば、マンツーマン対応ではなく複数人をまとめて対応するなど、作業一回当たりの時間を短縮させるなどの工夫が体調を改善させる工夫の一つです。また、同僚の協力を得て、勤務シフトの改善を図るのも悩みを取り除くための条件になります。

介護士の仕事を長く続けるためには自身が持つ悩みを客観的に把握し、仕事の範囲内で解決出来るヒントを見出すことが重要です。場合によっては、上役に相談して助力を求めるのも良い結果に繋げる方法の一つになります。さらには、同僚と悩みを共有して一緒に解決する姿勢を持つのも事態の改善を早めるための条件です。