ホーム » 給料が安いという悩み

2019年7月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

給料が安いという悩み

年々需要が高まっている介護業界は人気の業界の1つですが、悩みを抱える介護士も多くいます。その悩みの1つとして挙げられるのが、介護士の給与面の悩みです。

まず、介護業界で働くメリットの1つとして、業界未経験者や介護資格無資格者でもすぐに働き始められると言う点があります。介護業界への就職・転職希望者にはありがたい話ですが、このような人たちは当然給与も安くなります。特に、介護資格がない状態で働き続けている人は、知識が深まり技術が習熟してきたとしても介護業界内でキャリアアップをすることは難しいでしょう。そのため、給与アップもなかなか期待できず、それが大きな悩みの一因となっているのです。

それではこの問題を解決するにはどうしたら良いのでしょうか。介護士として給与アップを目指すならば、介護資格を取得して介護業界内でのキャリアアップを目指すことが一番の近道です。

企業によって異なりますが、介護資格を取得していれば基本給に加えて資格手当が付与されます。これだけでも介護資格無資格者と比べて給与面で違いが出てくるのですが、さらにサービス提供責任者になることができる介護職員実務者研修修了者の場合、役職手当が付与されることもあります。それだけでなく、国家資格である介護福祉士の資格を取り現場責任者になると役職手当が付きます。またケアマネジャー資格を取得すれば基本給自体がアップしたりするのです。

このように一口に介護士と言ってもキャリアアップを達成したかどうかで給与は大きく異なります。介護資格の取得は給与アップと大きく関わりがあるのです。