ホーム » 性別により異なる悩み

2019年5月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

性別により異なる悩み

介護士の悩みでよくあるのが、性別による悩みです。男性介護士には男性介護士の、女性介護士には女性介護士特有の悩みがよく出てきます。

例えば、男性介護士がよく抱える悩みが、入浴介助の時に女性の入居者が恥ずかしがったり、拒否をしたりして衣服を脱いでくれないという事があります。男性介護士のほうが気にしなくても、女性の入居者の中には男性に裸を見られるのを嫌がる方も多いです。また、施設によっては施設側に要望を入れて、入浴介助は女性の介護職員にしてもらっている所もあります。拒否されたのに無理やり脱がすのは流石に出来ませんので、そこは工夫して入ってもらわなければいけません。

解決策としては、まずはお互いに信頼関係を普段から気づけるように、うまくコミュニケーションを取ると良いでしょう。そしてどうしても拒否されてしまう場合は、女性の職員にお願いして、入浴介助だけ変わってもらうのも手です。介護は男性女性関係なく働けますが、男性は入浴介助の時に少し苦労することがありますので努力していきましょう。

次は女性の場合です。女性特有の悩みとしてはセクハラが挙げられます。特に、若い女性職員は注意が必要で、高齢者からなるべくセクハラを受けないように対策をする必要があります。

解決策としては、話の中でもし下ネタにいきそうなら話を変えると良いでしょう。またなるべく肌が露出しない服を着ることも大切です。介護の仕事はお互いに肌が触れ合う機会や密着する機会が多いですが、女性が男性の入居者を介護する時はセクハラに注意することが必要になります。